一定期間更新がないため広告を表示しています

みなさんこんにちは。
次回のふくろうゼミのお知らせです。

次回のテーマは「ベーシックインカムって何?」です。
すべての住人に、一律の最低限生活できるレベルの金額を支給する社会保障「ベーシックインカム」。

一見、夢のようなこの社会保障について、仕組みから実現の可能性までを話し合えたらと思います。

今回の発表者である私、南部が初めて「ベーシックインカム」という言葉を聞いたのは実はふくろうゼミの例会でです。
ポスト3.11の生き方、社会の在り方を考える」の回でした。

うすうすと感じていた「世界の変化」が3.11後、さらにはっきりしたように思います。
動画なども交えて、楽しく解説しようと思いますので、お時間のある方はぜひご参加ください。


「ベーシックインカムって何?」

私のここ数年の思想の根幹に「資本主義経済の終焉」というものがあります。
経済成長をし続けることはもう終わっていて、ではそういう社会でどう自分は生き残るか?と考えて来ました。

資本主義経済の中では、どうしても勝ち組と負け組みが出てきてしまいます。
しかし、共産・社会主義のようにコントロールされた経済圏では、今までのような自由もないのではと思います。

そんな時、必要最低限の金額を国が税金から保障し、かつ、働きたいひとは働いて賃金をもらい、資産を増やせるという考えがあることを知りました。
それが「ベーシックインカム」です。

例えば、毎月10万円がもらえたら、私たちの生活はどう変わるでしょう。
働かないひとが増えて、社会が立ち行かなくなるでしょうか。
でも、家事に対して報酬が出ると、主婦のひとは喜ぶかもしれません。
ただ、財源はどうするのでしょう。

私も専門家でも研究者でもないので、説明ができないところもあるかもしれません。
今回はベーシックインカムがあったら、自分だったらこう生きる、というようなことを、マンガのストーリーを考えるように自由に話せたらいいなと思っています。

(南部 宏子)


ふくろうゼミ第16回例会

■報告者 南部宏子(漫画家)
■日時 9/27(土) 17時半〜
■場所 五反田文化センター 第4会議室 品川区西五反田6-5-1
目黒線 不動前駅から徒歩12分/JR五反田駅から徒歩20分
■参加費 施設利用料を頭割り(500円かからないくらい)

参加の方は直接会場へお越しください。
お問い合わせはfukurouzemiアットgmail.comへ(アットを@に変更)お願いします。
道に迷った場合は、文責の南部のtwitter(@nanvsensei 公開アカウントです)までDMください。

ゼミ生、そのお友達、ご両親、ご参加お待ちしております。

(文責・南部)
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL