一定期間更新がないため広告を表示しています

こんにちは。

そろそろ梅雨明けでしょうか、暑い日が多くなって来ましたね。

 

夏は音楽フェスが多く行われますが、ふくろうゼミでも今回は音楽のことを話してもらうことになりました。

今回のテーマは「デトロイトテクノと90年代日本」、報告者は金谷憲(メディア・アーキビスト)です。

 

何も考えずに音楽を聞ける回かもしれませんし、音楽を聞く時に何かを考えずにはいられないようになる回かもしれません。

ぜひ、ご参加ください。

 

*

90年代日本、もっともCDが売れていた時期に盛り上がりを見せていたテクノブーム。

なじみのない人もいるかもしれませんが、私にとって初めてのユースカルチャーであり、リアルタイムのダンスミュージック体験でした。

 

今回はその中でも第三の波(先日亡くなったアルビントフラーの著作)が、テクノブームの起点ともなった「デトロイトテクノ」というジャンルに与えた影響などからひもといていきたいと思います。

ただ、どういう風に話すかは決めていないのでただ当時の音楽や映像を流すことになるかもしれません。

 

*

ふくろうゼミ第22回例会

■テーマ 「デトロイトテクノと90年代日本」

■日時 7月23日(土) 15:00〜17:00

■場所 文京学院大学本郷キャンパス S館 S403

■参加費 無料

 

参加の方はfukurouzemiアットgmail.comへ(アットを@に変更)へご予約ください。少人数で人力の対応なので、できれば前日までのご予約がうれしいです。 (文責・南部)

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL