一定期間更新がないため広告を表示しています

更新が大変遅れて申し訳ありません。

2012年10月22日(土)に、第8回例会が開催されました。
ふくろうゼミの原点に立って、池袋ルノアールの会議室にて16:30からの開催でした。
今回の講師鵜殿篤さん。テーマは「お城の歩き方」。

東海地方、戦国時代を中心とした城、武将についてのお話をしていただきました。
以下、鵜殿さんに書いていただいた報告です。



お城の歩き方:報告=鵜殿篤

趣味の城をテーマにお話ししました。
城というと、まずは立派な天守閣を思い浮かべるのが普通だと思います。が、今回お話ししたのは、建物など跡形もなくなって、堀と土塁(土を盛って築いた防御壁)しか残っていない、観光地でも何でもない城です。

まず注目するのは、愛知県蒲郡市にある、上ノ郷城です(図1)。


蒲郡駅から北へ向かって徒歩15分くらいのところにあります。なぜここに注目するかというと、私のご先祖様が守っていたかもしれない城だからという、徹底的に個人的な理由です。

上ノ郷城は鵜殿氏の居城でしたが、1562年に徳川家康の攻撃により落城、城主の鵜殿長照は討死します。上ノ郷城合戦は、歴史マニアの間では忍者が実戦で活躍した最初の戦いとして有名です(図2)。


上ノ郷城が落ちた1562年というのが重要なタイミングで、桶狭間の合戦(図3)から2年後に当たります。


1560年の桶狭間の合戦といえば、織田信長の華麗なデビュー戦として有名です。桶狭間で織田信長が今川義元を破ったことにより、それまで今川家の人質となっていた徳川家康が独立し、信長と家康が清洲同盟を結んで、信長は西へ、家康は東へと領土を伸ばしていきます。
家康の三河統一の過程で血祭りに上げられたのが、上ノ郷城の鵜殿氏というわけです。鵜殿長照が今川義元の妹をお嫁さんに貰っていた関係で、鵜殿氏は今川氏を裏切ることができず、家康の三河統一戦争で最大の標的とされていたのでした。

鵜殿長照を倒して三河を統一した家康は、最終的には天下分け目の関ヶ原に勝利し、郷土の大英雄となりました。現在は「グレート家康公葵武将隊」が結成され、家康の拠点だった岡崎城で多くの観光客をなごませております(図4)。


立派な天守閣の建つ岡崎城は、桜や藤など花の名所として、また格好の散歩コースやデートスポットとして毎日多くの人で賑わっています。一方、敗者となった鵜殿氏の上ノ郷城は現在ミカン畑となっており、訪れるのは、まあ、城マニアくらいです。

そして桶狭間の合戦で大きなポイントとなる城が、桶狭間から3kmほど西、名古屋市の南東にある大高城(図5)です。


桶狭間の合戦について、しばしば今川義元が京都に向かうのを信長が阻止したというように説明されることがありますが、実際のところは、信長が今川氏の領土にちょっかいを出していたのを義元が阻止しに自ら立ったというのが真相ではないかと思います。信長がちょっかいをかけていた今川氏の城が、この大高城です。
そしてちなみに、そのとき大高城を守っていたのが、鵜殿長照でした(図6)。信長軍に包囲されて困っていた鵜殿長照を助けるため、包囲網を突破して大高城に食料を運び入れたのが、当時今川家の人質となっていた徳川家康です。その2年後、家康が長照を滅ぼしているあたり、諸行無常な戦国時代であります。



大高城の周囲には、信長方の拠点だった鷲津砦や丸根砦などがあります。信長は、鷲津砦や丸根砦などを見捨てておとりにし、桶狭間での奇襲を成功させることになります。全滅した丸根砦の守備兵のために、跡地に慰霊碑が立っています(図7)。


ということで、桶狭間さえなければ、ひょっとしたら鵜殿氏はもっとブイブイ言っていたのかもしれませんが、残念ながら今川家と共に滅んでしまい、長照の娘は家康の妾とされてしまいます。
家康の妾とされた西郡局(にしのこおりのつぼね−上ノ郷のあたりは西郡と呼ばれていた)は一人の娘を生み、その娘は関東平野の覇者であった北条氏直に嫁ぎます。
この北条氏直は、桶狭間から30年後の1590年、天下統一を目指す豊臣秀吉と衝突することになります。このいわゆる小田原征伐は、忍城攻防戦を描いた『のぼうの城』の背景として知られていますが、鉢形城や八王子城など城を中心に見ていくのもたいへん面白いので、これはまたの機会に。




ふくろうゼミ事務局は鵜殿講師に城・そして歴史への強い情熱を感じ、城はシリーズ化して開催しようという話になりました。

次回の城の回も楽しみにしています。
いつにしましょうね。

みんなで城跡をたずねるフィールドワークもいいかなと考えています。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

「あの武将の知略はいくつだ」とかの「信長の野望」トークにもがっぷり四つで取り組める鵜殿講師の活躍にこれからも期待します。

ありがとうございました。

次回のふくろうゼミは2013年1月26日(土)新宿ルノアール会議室にて、16:30からです。
テーマは「マンガの描き方」です。
詳しくはまたこちらにアップします。

みなさんよいお年を。

(文責・南部)
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL