一定期間更新がないため広告を表示しています

ゼロ・トレランス(◯◯スタンダード、◯◯ベーシック)は、細かいマニュアルを全ての教員が遵守し、そのマニュアルにより生徒、学生を管理する教育制度です。

例えば東京都では、今年度、全ての高校で、全ての教員が同じマニュアルで生徒を管理するよう決まっているそうです。ベテランの先生も、新人の先生も同じマニュアルに従うことになります。
やり方のわからない新人には助かるかもしれませんが、ベテラン先生の経験が生かされる機会は減ります。そして、新人がベテランに訊く機会も。

ゼロ・トレランスがどのように日本の教育現場に持ち込まれているか、資料と共に報告者の木村浩則さんに紹介いただき、その後に意見交換をしました。紹介だけで90分近くかかったのですが、それはこの教育制度の複雑さと問題の多さを表しているのではないかと思います。

配られた資料のマニュアルのチェック項目の多さも注目すべき点ですが、添付されていた教育基本法がどう改変されたかも、とても興味深かったです。新設された項目に着目下さい。

私がショックだったのは、教育基本法が変わったことにより、「大学の自治」が死んだということです。
教育界のピラミッドの頂点に政府があり、全ての教育機関がその下に入れてしまわれたそうなのです。

配られた資料、教育基本法の改正前後

木村さんによれば、ゼロ•トレランスという制度で教師は考える機会と成長の機会を失い、いつまでも監視され評価される対象になってしまうそうです。
細かくて膨大なマニュアルは、生徒だけではなく教師を管理•監視する道具でもあるのです。

そして、そのマニュアルに基づいた採点が教育機関を出た就職にも使われるのでは、という指摘も木村さんはしていました。
この度導入される、マイナンバーとの紐付けの可能性もあるのではと、参加者から意見も出ました。

私たちは生まれてから死ぬまで監視されて生きていくのでしょうか。
ハリウッド映画のようなことが、すでに日本で起きているのだと思わずにはいられないお話でした。

ただ、希望がないわけではないと思ったのは、このテーマの話を聞きに少しでも人が集まったということです。
その希望が広がっていくことを、私は願います。

(文責・南部)

JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:教育

当ゼミの主催でもある木村浩則が編集長として関わっている教育雑誌、季刊「人間と教育」85号が本日発売となりました。

今号の特集は、4月11日にもふくろうゼミで取り上げる「ゼロ・トレランス社会」です。
木村も「ゼロトレランス国家とパフォーマンスの統治」という短い論文を発表しています。

大手書店の教育書/教育雑誌コーナーに取り扱いがありますので、ご興味のある方はぜひお手に取ってご覧ください。
民主教育研究所のサイトからネット購入もできます。
JUGEMテーマ:不登校・半不登校

みなさんこんにちは。
東京は三寒四温で春めいてきましたね。
今年最初のふくろうゼミのお知らせです。

次回のふくろうゼミは4月11日(土)15時から、文京学院大学本郷キャンパスで開催します。
テーマや詳細は以下です。



生きづらさの根本にあるものについてみんなで考えよう!
―ゼロ・トレランス(不寛容)社会を生きる―

報告者 木村浩則(文京学院大学教授 教育学)

報告者の近著「パフォーマンスの統治とゼロ・トレランス国家」(『季刊人間と教育』85号3/10刊行)をもとに、アメリカで地域や学校の治安対策として生まれた「ゼロ・トレランス(不寛容)」をモデルに、日本の学校と労働現場、社会に浸透する管理/監視社会化の現実についてお話しします。
後半では参加者のみなさんでディスカッションをしたいと思います。
論文は読んで来なくても大丈夫です。
ディスカッションも優しく進行しますので、どんな方でも参加出来ます。
今の世の中で生きていて「ちょっとおかしいな」「生きづらいな」、そして「でも自分のせいだろうな」と思う方は、顔を出してみて下さい。
あなたひとりの問題ではないことがきっとわかるはずです。

参考に以下、報告者が教育雑誌『人間と教育』に記した文章の一部を紹介します。報告では「ゼロ・トレランス」が学校だけでなく職場や社会全体の問題であることを明らかにします。

学校をおおう新たな管理と排除のシステム
1990年代アメリカで学校の治安維持を目的に開発された「ゼロ・トレランス」という新たな管理と排除のシステムが日本の学校現場に浸透しつつある。それは、2006年、国立教育政策研究所の「生徒指導体制の在り方についての調査研究」報告書で紹介され、文科省が新たな生徒指導プログラムとして学校現場への導入を推奨するなかで全国的な広がりをみせている。
「ゼロ・トレランス」とは、子どもの問題行動を基準化し、「違反」には減点方式などで厳格に運用して罰を課すというものである。従来の管理主義との違いは、その運用のマニュアル化にあり、学校は、「問題生徒」を排除する徹底した厳罰主義の立場から生徒の問題行動への対処マニュアルを作成し、それに基づいた指導の徹底をはかる。生徒指導のマニュアル化は、とりわけ若い教師に自らの実践の未熟さを補うものとして歓迎されているという。また、保護者・地域に対するアカウンタビリティに応えるものとしても機能する。
教師の多忙化に加え、ベテラン教師の大量退職と若手教師の大量採用は、教師集団に豊かに蓄積された経験の伝承を困難にしている。そこにマニュアルに基づく事務処理的管理手法が入り込んでいく。それは教師の反省的経験を奪い、思考しない教師を作り出していく。「無思考性」、それをハンナ・アレントは「悪の凡庸さ」と呼び、全体主義社会の人間像として告発した。いまや学校の教職員組織は、ピラミッド型の職階構造に改編され、職員会議も上意下達の連絡調整機関と化した。そこにおいて「ゼロ・トレランス」は、新たな教員の管理統制のシステムとして機能する。マニュアル化に基づく「ゼロ・トレランス」は、学校から子どもの理解や指導の在り方をめぐる議論の場を消し去るとともに、教師から自由な実践の機会を奪ってしまうのである。
そして「ゼロ・トレランス」がアメリカの犯罪対策の手法に端を発するものであることも見逃してはならない。「ゼロ・トレランス」な学校像の向こうには、「ゼロ・トレランス国家」、すなわち新たな統治システムによって異質な存在を排除し個人の自由を制限する安倍流「美しい国」の姿が垣間見える。

参加の方はfukurouzemiアットgmail.comへ(アットを@に変更)へご予約ください。
定員は15名です。少人数で人力の対応なので、できればお早目のご予約がうれしいです。

ふくろうゼミ第17回例会

■生きづらさの根本にあるものについてみんなで考えよう!
―ゼロ・トレランス(不寛容)社会を生きる―

■報告者 木村浩則(文京学院大学教授 教育学)
■日時 4月11日(土)15時
■場所 文京学院大学本郷キャンパス
■参加費 無料

(文責・南部、木村)

みなさんこんにちは。
次回のふくろうゼミのお知らせです。

次回のテーマは「ベーシックインカムって何?」です。
すべての住人に、一律の最低限生活できるレベルの金額を支給する社会保障「ベーシックインカム」。

一見、夢のようなこの社会保障について、仕組みから実現の可能性までを話し合えたらと思います。

今回の発表者である私、南部が初めて「ベーシックインカム」という言葉を聞いたのは実はふくろうゼミの例会でです。
ポスト3.11の生き方、社会の在り方を考える」の回でした。

うすうすと感じていた「世界の変化」が3.11後、さらにはっきりしたように思います。
動画なども交えて、楽しく解説しようと思いますので、お時間のある方はぜひご参加ください。


「ベーシックインカムって何?」

私のここ数年の思想の根幹に「資本主義経済の終焉」というものがあります。
経済成長をし続けることはもう終わっていて、ではそういう社会でどう自分は生き残るか?と考えて来ました。

資本主義経済の中では、どうしても勝ち組と負け組みが出てきてしまいます。
しかし、共産・社会主義のようにコントロールされた経済圏では、今までのような自由もないのではと思います。

そんな時、必要最低限の金額を国が税金から保障し、かつ、働きたいひとは働いて賃金をもらい、資産を増やせるという考えがあることを知りました。
それが「ベーシックインカム」です。

例えば、毎月10万円がもらえたら、私たちの生活はどう変わるでしょう。
働かないひとが増えて、社会が立ち行かなくなるでしょうか。
でも、家事に対して報酬が出ると、主婦のひとは喜ぶかもしれません。
ただ、財源はどうするのでしょう。

私も専門家でも研究者でもないので、説明ができないところもあるかもしれません。
今回はベーシックインカムがあったら、自分だったらこう生きる、というようなことを、マンガのストーリーを考えるように自由に話せたらいいなと思っています。

(南部 宏子)


ふくろうゼミ第16回例会

■報告者 南部宏子(漫画家)
■日時 9/27(土) 17時半〜
■場所 五反田文化センター 第4会議室 品川区西五反田6-5-1
目黒線 不動前駅から徒歩12分/JR五反田駅から徒歩20分
■参加費 施設利用料を頭割り(500円かからないくらい)

参加の方は直接会場へお越しください。
お問い合わせはfukurouzemiアットgmail.comへ(アットを@に変更)お願いします。
道に迷った場合は、文責の南部のtwitter(@nanvsensei 公開アカウントです)までDMください。

ゼミ生、そのお友達、ご両親、ご参加お待ちしております。

(文責・南部)
みなさんこんにちは。
次回のふくろうゼミ例会のお知らせです。

次回のテーマは「映画『そして父になる』を読み解く」です。
福山雅治主演、是枝裕和監督(「誰も知らない」)での話題作だったのでご覧になった方、耳にしたことのある方も多いと思います。

ある時、ふくろうゼミMTGで主催の木村と私・南部がこの映画を見た、泣いた(笑)という話になった時、互いの解釈の相違点が面白いのでDVDが出たらぜひとも開催しようと温めていた企画です。
是枝監督の素人を使ったドキュメンタリー・タッチの物語から感じるリアルさ、子どもを取り違えられた夫婦という物語がもつ複雑なテーマはどこへどんなことを訴えているのか。

映画を鑑賞したあと、発表&ディスカッションを行います。
参加費無料ですので、お暑いですがぜひ足をお運びください。


映画『そして父になる』を読み解く
2013年に公開された映画「そして父になる」は、日本で大ヒットしただけでなく、カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞するなど海外でも高い評価を得ました。

息子を取り違えられた二つの家族。実の子か、育ての子か、選択をせまられる主人公の心の葛藤と軌跡を描いた本作は、なぜこれほどまでに大きな反響を呼んだのでしょうか。
ゼミでは、あらためてDVDを鑑賞しながら、互いの作品解釈を語り合い、その主題の普遍性と時代性を明らかにしていきたいと思います。

(木村浩則)



ふくろうゼミ第15回例会

■報告者 木村浩則
■日時  7/26(土) 13時半〜
■場所  文京学院大学本郷キャンパスB館8F会議室
    地下鉄南北線 東大前駅すぐ
■参加費 無料

参加の方は直接会場へお越しください。
お問い合わせはfukurouzemiアットgmail.comへ(アットを@に変更)お願いします。
道に迷った場合は、文責の南部のtwitter(@nanvsensei 公開アカウントです)までDMください。

ゼミ生、そのお友達、ご両親、ご参加お待ちしております。

(文責・南部)
直前もいいとこ(明日)ですが、次回例会のお知らせです。

今回のテーマは「おじさんは何故ももクロにはまるのか?」です。
AKBにはないももいろクローバーZの魅力は何かに迫りたいと思います。

発表者は平川敏雄氏。
当ゼミ主催の木村も、ももクロ推しであることからこの企画が浮上しました。

「何故?」という問いから「なるほど!」になることを期待します。



ふくろうゼミ第14回例会

■タイトル:おじさんは何故ももクロにはまるのか?
■趣旨:タイトルに同じく

■時間→6/7(土) 14:00〜16:30
■場所→文京学院大学ふじみ野キャンパス W312
 東武東上線(東京メトロ有楽町線・副都心線乗り入れ)
「ふじみ野」駅下車(急行停車駅・池袋より24分)

「ふじみ野」駅西口よりスクールバス7分または東武バスで9分
(東武バス乗車の場合:大井循環〈文京学院大学経由〉ヤマハ下車)

http://www.u-bunkyo.ac.jp/about/page/campus.html

■雨天中止

ご参加の方は直接会場へお越しください。
お問い合わせはfukurouzemiアットgmail.comへ(アットを@に変更)お願いします。
道に迷った場合は、文責の南部のtwitter(@nanvsensei 公開アカウントです)までDMください。

ゼミ生、そのお友達、ご両親、ご参加お待ちしております。
(文責・南部)
みなさんこんばんは。

またもや直前になってしまいましたが、次回の例会のお知らせです。
次回の例会は2014年3月23日(日)に「プロ野球を10倍楽しむ方法」と題して、神宮球場にて野球観戦をします。

神宮球場は東京ヤクルトの本拠地ですので、ヤクルトとどこかが戦います。
プロ野球はセ・リーグとパ・リーグに分かれていて、それぞれのリーグで1位になったところがシーズンの最後に戦って日本一を決めるのですが、今回は「オープン戦」というプロ野球のリーグ戦には関係ないエキシビジョン・マッチなので、パ・リーグの千葉ロッテマリーンズとセ・リーグの東京ヤクルトスワローズが戦います。

シーズン中にもその年の成績に関わるセ・パ交流戦というのがあるのですが、まあ、それはさておき。

今回は「球場で見るプロ野球」をテーマに例会を行います。
講師はふくろうゼミのゼミ生の飲み仲間「スポーツ観戦部」の方々です。

野球に詳しい方、詳しくない方、昼間からお酒を飲みたい方、球場で野球を見る、いつもと違った日曜日を過ごしたい方、それぞれに楽しんでいただけるといいと思います。

みなさまのご参加をお待ちしています。



ふくろうゼミ第13回例会

■タイトル:プロ野球を10倍楽しく見る方法
■趣旨:球場で生で見る野球の楽しさを味わっていただこうと思います。

■時間→3/23(日) 12:30集合 17:30解散予定(試合の時間に寄ります。途中参加・途中退場可です)
■場所→明治神宮野球場 東京メトロ銀座線・外苑前駅より徒歩5分 7入り口チケットボックス前集合
http://www.jingu-stadium.com/
■雨天中止



参加ご希望の方は、事前にご予約の上集合場所へお越し下さい。
ご予約はfukurouzemiアットgmail.comへ(アットを@に変更)お願いします。
文責の南部のtwitter(@nanvsensei 公開アカウントです)で中継もすると思うので、合流できなかった場合はそちらにDMください。

ゼミ生、そのお友達、ご両親、ご参加お待ちしております。
(文責・南部)
ふくろうゼミの2014年は、参加者でのエッセイや日常思ったことなども発信していこうとなりました。
その第1弾は18世紀の思想家、ルソーについてのエッセイ合戦です。

ルソーと言えば、歴史の教科書に出てきたあの人です。
しかし、著書と著者名を覚えただけで、どんな思想の人か知らない方も多いのではないでしょうか。
私もその一人です。

その思想の内容を現代の教育の現場で起きている事象と重ね合わせて、エッセイを何篇かお届けしたいと思います。

まずは主催の木村によるエッセイをどうぞ。
-----------------------------------------------------------
「現代の子育てをルソー教育論から考える」 木村浩則


先日、東北大学で、臨時バスに受験生と一緒に乗る父母が増え、そのあおりで乗り切れない受験生が続出し、受験開始が遅れた、という報道記事を読みました。以前は、大学受験に親が同行するなどあり得ないことでしたが、昨今の親の「過保護」ぶりには驚くばかりです。親子参加の入社式、わが子の婚活を代行する親など、「親子カプセル」から抜け出せない〈共依存家族〉が増大しているのでしょうか。それとも激烈な競争社会の中で、家族の総力戦体制でしか我が子の未来は保障されないと考えるのでしょうか。子供の行動が心配なのは、いつの時代の親も同じです。しかしその心配や不安を抑えて、陰から我が子の自立・自律を見守り、励ますこともまた親のつとめだと思うのですが…。
子どもを守るあるいは保護することは親や教育者の大切な仕事でしょう。それを教育史上最初に唱えたのは18世紀の思想家ジャン・ジャック・ルソーでした。ただし近代教育学の祖であるルソーが「子どもを守る」と言う場合、それは現代の親たちの理解とはいささか異なっているようです。ルソーは、子どもが自然の絶対的な力を、身をもって体験できるようにしてやることを「消極教育」と呼び、その大切さを訴えました。
「自然はたえず子どもに試練を与える。あらゆる試練によって子どもの体質を鍛える。…これが自然の規則だ。なぜそれに逆らおうとするのか。あなたがたは自然を矯正するつもりで自然の仕事をぶちこわしていることがわからないのか。」
ルソーにとって「子どもを守る」とは、子どもに苦痛を味わわせないよう、できるだけ危険を遠ざけ、安全を確保することではありません。むしろその逆です。「苦しむこと、それはかれがなによりもまず学ばなければならないこと」だとルソーは言います。それこそが自然が人間に与える重要な教訓であり、それを無視した大人の介入は、むしろ自然の与える教育の機会を子どもから奪ってしまい、「肉体も精神も同じように虚弱な子ども」をつくりだしてしまうと警告するのです。
ルソー教育論の視点から見れば、現代の親たちによる子育て・教育の在り方は、子どもの心身=自然を破壊し、その結果、大人社会をも崩壊に導くものと言えるかもしれません。

-----------------------------------------------------------

次回は、ふくろうゼミの城担当:鵜殿によるエッセイを予定しています。
そして次回例会のお知らせもすぐです。どうぞお楽しみに。(文責・南部)

 
お久しぶりの更新です。
前回例会は無事終了しました。
参加のみなさまお疲れさまでした。

今年のふくろうゼミですが、発信を多くしていこうと思っています。

この集まりの中身をもっと知っていただきたいと思っています。

ふくろうゼミは教育学者・木村浩則氏を中心として始まった、「学校」化、「予備校」化しつつある日本の大学に、もはや本来の知的文化の醸成は期待できないという認識のもと、都会の雑踏の中に、知的関心にあふれた市民が集い、今一度、知的討議空間の創造をめざそうとするプロジェクトです。

簡単に言うと、「面白いことを持ってきて話し合ったり、体験したりしよう」ということです。

参加メンバーは30代から50代くらいで、例会によって参加メンバーが変わります。
例会の参加不参加は自由です。

3月4月くらいに例会を予定していますので、更新をお待ち下さい。
例会の予定、報告の他にゼミのメンバーによる討論や雑談なども増やしていきたいと思っています。

どうぞお楽しみに。
(文責・南部)
直前になってしまいましたが、例会のお知らせです。
今回はまさに「書を捨てよ、町へ出よう」という、学舎(まなびや)から一歩出た企画、フィールドワークです!遠足です!
東京駅から、内堀沿いに江戸城を攻めます!!


*写真は桜田門から半蔵門へむかう途中、三宅坂の手前あたり

先導するは、第8回例会「お城の歩き方」で好評を博した鵜殿篤さんです。

詳細は以下です。



ふくろうゼミ第12回例会

■タイトル:江戸城を行く
■趣旨:フィールドワークで江戸城を観察します。
 江戸城をじっくり見ようと思うと3日はかかりますので、まずは内堀の周辺で面白いところを中心に回ろうと思います。
 皇居ランナーが大勢走っているところをたくさん歩きますので、靴は慣れているものにしてください。
■時間→10/6(日) 14:00集合 17:00解散予定(九段下)
■場所→JR東京駅 丸の内北口改札集合 http://www.tokyoinfo.com/guide/station/gate.html
■予定:東京駅→大手門→楠木正成像→桜田門→半蔵門→田安門→九段下
■雨天→両国の江戸東京博物館へ 天候が微妙な時は現地で判断

参加ご希望の方は、当日直接集合場所へお越し下さい。
文責の南部のtwitter(@nanvsensei 公開アカウントです)で中継もすると思うので、合流できなかった場合はそちらにDMくださっても大丈夫です。

ゼミ生、そのお友達、ご両親、ご参加お待ちしております。